FC2ブログ
日に日に気温が上がるはずが、釣行日が近づくと寒くなる。
三寒四温とは良く云ったのもですね。
この日も二日前はほんとに暖かい日が続いたのに、前日になり北風は強くなり、気温は一気に降下!!
前橋でも雪が舞っています。

明日は北部は雪かな??
と思い、高校時代の友達が横浜より久々に帰ってきたこともあり、夜遅くまで遊んでみる。

この時点でゆっくりスタートが確定しました。

当日はお昼に起床。
渋川の天気は晴れ。風は相も変わらず強い。

ここからが一人暮らしの面倒なところ。
せっかくの休みも洗濯から始まる。
洗っては干してを二回ほど。。。

終了したら車に乗り込みいざ出陣!!

利根川目指しましたが、谷川からの吹き下ろしが凄い。
冷たい風がビュービュー!!
これは耐えられんと、いつもの支流に入ります。

日付:2010/3/30
場所:発知川
気温:到着時8℃
時間:15:00~17:00
水温:未計測

車を止めるとと前日に降った雪のせいで、先行者の有無がはっきり分かる。

最初に入ったのは、前回の釣行で入ったポイント。(写真は先週のです)
平日だけに、本日はまだ誰も入ってないみたいです。

なんだかいけそうな気がする~~~♪

とどっかで聴いたことのあるフレーズを口ずさみ川岸へ。

SA3C0259.jpg

ポイントの中間にポジションをとってキャスト開始。
少し下側をダウンクロスでミノーを流しますが、反応無し。

数投するも早々にルアーをチェンジ。
深みを狙い、ダイビングビートル 40mmをラインに巻きます。
流れ込みの脇を数投しますが、まったく反応無し。

ポジションを変え上流に少し移動。
今度はダウンで誘い出そうかとルアーを下流にキャストして、ゆっくり水をかませながら巻く。
すると一投目からヒット!!
手応えから良いサイズかな??っとおもったら

img_004_convert_20100401230152.jpg

銀毛した成魚放流のヤマメちゃんでした。
ヒレの欠損が痛々しい。。。
でも、釣れてくれてありがとう♪と優しくリリース。

まだまだ出るだろうと、二投目。
流れ込みの脇にルアーが入った瞬間にクッ、ククッ!!とあたりが。。。
やった~と気を良くしたのは数秒…魚体がかすかに水面に見えようとした瞬間にフックアウト。
ばれちゃった。

その後、数投するも反応は無くなり移動。

次のポイント。

SA3C0255.jpg

この堰堤より少し下の流れがゆったりとした場所。
流れは良さそうなのに、未だ釣ったことがありません。
あまり期待せずにキャスト開始。

数投目。
ヒット!!
なんだ居るじゃん♪って心の中でガッツポーズ!!

足もとまで寄せてきて、無事にゲット。。。ってここでばれる。
本日二回目のバラシです。
痛い!!痛すぎる。

その後、数投するも反応は無くなり。
ポイント移動。

写真の堰堤下へ。

ここでルアーチェンジして、Dコンへ。

もう一匹を目指して、ひたすらキャスト!!
しかし、そのまま反応なく本日の釣行は終了。

帰りは川の様子を見ながらドライブ。

途中、ヤマメの稚魚放流をしていました。

img_002_convert_20100401225711.jpg   002jpg_convert_20100401225550.jpg

無事に育って、大きくなって下さい。

ロッド:スカジットデザインズ SP-520SSS
リール:シマノ レアニウムC2000S
ヒットルアー:スカジットデザインズ ダイビングビートル40mm
釣果:ヤマメ×1
スポンサーサイト



本日は利根管内の発知川へと釣行。
釣果が上がりましたので報告です。

日付:2010/3/16
場所:発知川
気温:到着時7℃ 日中11℃
時間:9:00~13:00
水温:未計測

本日は気楽にいつもの会社に行く時間と同じに起床。
さっと車に乗り込み利根管内へ。
今回は発知川のポイント確認を兼ねて、しっかり釣り歩いてみるかと車を止めて入渓。

所々、シーズン中はかなり良さそうなポイントを発見しながらも、この時期ではまだまだ反応はなさそう。
しばらく釣りあがるが反応は無し。
ふっと少し開けたところでいかにもこの時期に釣れそうな流れが…。

SA3C0259.jpg

ゆっくり底を流してみるかとスプーンに交換しキャスト。
着水してから、少し間を置きゆっくりリーリング。
すると、懐かしい感触が!!
ヒット♪
一投目から思い通りの場所で、思い通りに出てくれました。

SA3C0257.jpg<SA3C0256.jpg

サイズは小さいですが、出てくれたことに感謝しそっとリリース。
とりあえず一匹上がったのでほっと一安心。

時間が経つにつれ空も曇り空から、少しづつ日が差し込んで暖かい日差しが。。。
しかし風が強い!!キャスト距離が短い分、何とかなるがひらけた場所だと流されて流されて…。

その後も釣り上がるが反応は無し。
しかしまた良いポイントが。
流れがゆっくりになり、真中に二つ沈み石。深さは50cm位。
ミノーが石の裏を流れるようにアップクロスに投げ引いてくる。
クゥ、ククゥッ~。
でた、足もとまで寄せ魚体確認。
岩魚だ!!
ネイティブ岩魚の綺麗な魚体。
カメラを取り出そうとした瞬間。
フックが外れて流れの中に戻っていきました!!

まぁ~どうせリリースですから。。。って自分で自分を慰める。

そのポイントから50m位は瀬が続きもちろん反応無し。
堰堤が見えてくる。

SA3C0261.jpg

一投目、反応無し。
二投目、反応無し。
三投目、ミノーが目で確認できる距離で魚体が追ってくるのが見える。一瞬の出来事なのに凄い緊張感。
ヒット!!

SA3C0260.jpg

いや~良く食いついてくれました。
最初のヤマメよりサイズアップ。ありがと~♪

その後も釣り上がりますが、歩き疲れて本日の釣りは終了。
ポイントの確認もできたし、釣果もあったし云うこと無しの一日でした。
体力付けないとやばいですね。
踏ん張りが利かなかったもん。。。

ロッド:スカジットデザインズ SP-520SSS
リール:シマノ レアニウムC2000S
ヒットルアー:スカジットデザインズ メッツ40mm・イトウクラフト 蝦夷スプーン 4g
釣果;ヤマメ×2 岩魚×1
2007.09.17 発知川釣行
朝5:00、禁漁間近でどうしても尺が狙いたく水上へ。しかし釣れるのはチビヤマメのみ・・・。
カレンダーは3連休だが自分は今日から仕事。
こうなったらと水上から発知まで移動です。

日時:2007年9月14日 06:30~08:30
天候:晴れ
気温:19℃
水温:未測定
釣行者:狩野
釣果:ヤマメ2匹 イワナ2匹

今回は春山さんのジンクスにのっとり、コンビニで赤飯を購入。
赤飯ジンクス♪

これさえ食べればいい結果がきっと出ます。

始めにいつものポイントへ、ここはイワナとヤマメが混生している場所。
ルアーはお気に入りを水上でロストしてしまったので【ダイワ シルバークリーク】を使用します。
しばらく反応無しが続きますが、流れの少し緩やかな流芯脇から小型のヤマメがヒット。
そして同じ場所からもう一匹。
サイズは18センチ前後、二匹とも来年の再会を願いリリース。

次は発知の一番ポイントの大堰堤。
しかし、車が止まってる。
様子を見に行ってみると餌釣りの方が戻ってくる。
少しお話をしてみるとあたりはあったけどヒットはしなかった模様。
ダメもとでやってみるかとチャレンジする。

堰堤下、中央に流木がありポイント的に最高!!
ルアーをダイビングビートルに換えキャスト。
しかし、ここでミスが・・・。
思っている以上に流木が大きい模様。
ルアーが水中の枝に掛かってしまう!!
しょうがない・・・切るか。と引っ張ると、枝が折れてルアーがマッハで飛んでくる!!
アイスホッケーのキーパーやってて良かったです。間一髪避けました。。。
気を取り直して探る。
トゥイッチを入れて少しルアーを少しステイさせる感じ。
ヒット!!
イワナだ!!
寄せてくると綺麗なイワナ♪
写真を撮りたいがバッテリー切れ。
大きさは24センチ前後。この場所ならまだ出るなとリリース後、直ぐにキャスト。
今度は堰堤端のオーバーハングの下でヒット!!
ロッドに伝わる感触からさっきより型は良い。
足元まで寄せキャッチ。

今回は釣り納めになりそうなのでこの一匹をキープ。
今晩塩焼きにして食べます。
27.5cm イワナ

持ち帰り家で計測すると27.5cm。まずまずの型です。

明日は阿部さんがラスト釣行らしい。
今年から初めて、尺ヤマメ・尺イワナを先月と今月で経験。
もし、自分にパワーが残っていましたら、朝一だけ御一緒させて頂きます。