FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年まで使用していたイトウクラフト EXC510ULX(ロッド)と‘07 ステラ2000sをこの二年間に譲ってしまったので、今年からは新しいタックルで釣行です。

まぁ、EXC510ULXは私の手に余る品物でした。
腕も無いのにロッドは一流。。。
イトウクラフト EXC510ULXは文句のつけようがない程、良いロッドでした。
投げやすいし、感度も良いし、ルアーにアクション入れやすいし。
何よりロッドの美しさが所有している喜びを満たしてくれました。

でもね、自分がやっているような小渓流ではややオーバースペック気味。
でかいの釣ったことが無いからかもしれませんが、バットの張りが強くて…。

そんなこんなで、大事に扱ってもらえる方に、お嫁に出しちゃいました。
二年間、タンスの中に保管されるより、ロッドも使われたほうが幸せだろうと。。。

そして、今年新しい相方を探しているわけですが、自分の中で候補に上がっているのが以下のロッド。

SP-520SSS01.jpg02.jpg

SKAGITDESIGNS(スカジットデザインズ) SP-520SSS 5ft2inch 2Pieces Line:3~8Lb

製品情報:
弊社SSシリーズの後継モデルとして、シャープ(S)・センシティブ(S)・ストロング(S)をコンセプトとし完全新設計で製作致しました。

ブランクは、中弾性カーボン30t~38t、ガイドはステンSic(Eタイプ)を採用。※ Eタイプとは、エコロジーな表面処理を施したもので、極めて高い耐蝕性と耐候性がある新工法の事です。

パーツは、オリジナルアルミ製リールシート、スペーサーは天然木(ローズウッド) コルクはAAAを使用しています。

グリップ長は、従来のHQモデルより若干短くし手返しの良さを重視しました。
渓流のミノーイングゲームを知り尽くしたスカジットが贈るニューベーシックモデルです。【メーカーHPより】

ご存知、トラウトミノーイングのエキスパート皆川哲さんの会社であるスカジットのロッド。
使った事ないし、周りに持っている人もいない。
どんなロッドだか、実釣してみたいんです!!

そして、第二候補がこちら

TENRYU JUVIA欲しいのはJV50ULもしくはJV56UL

TENRYUU(天龍) JUVIA(ジュヴィア)JV50UL 5ft 2Pieces Line:2~4Lb
製品情報:
日本の渓流域を中心に中流域、本流域で大型トラウトにも使用可能なモデルまで12機種のシリーズ構成。

全体的にブランクを柔軟な中弾性のカーボン素材を中心に使って、よりロッドの持つベントカーブをやり取りの中で楽しめる設計にしてあります。

ステンレスフレームSicガイド、オリジナルリールシートのフードにはABS樹脂リング装備。【メーカーHPより】

このロッドは知り合いの方が実際に使用していたので何度か使わせてもらいましたが、ホントに使いやすい。
自分の少ない経験では言い表しにくいのですが、この価格でこのバットは!!って感じです。
しなやかなんだけど、安心感(張り具合)があるし、キャスティングからアクション・取り込みまで文句無しでした。
でも・・・リールシートが寂しいんだよな~。
まぁ、すごく釣果と関係するところではないのですが。。。

どうせ買うならって心理が邪魔をして第二候補になってしまってます。
でもコストパフォーマンスは高いです。

でも、この悩んでいる時が一番楽しんだ~♪
でもそろそろ本気で決めないと!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。