FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新が遅れてしまいました。ホントにすみません。。。

さてさて物欲センサーが3月に向けて日に日に上昇中ですが、それと反比例で財布の中身が空になっていきます。
ただいま、食費削って釣り具購入中!!

もうすぐ春なのに財布は冬。
あぁ~解禁も待ち遠しいけど、給料日早く来ないかな~。
来月も極貧生活確定だな。。。

そんな私がただいま検討中なのがこちら

シマノ レアニウム CI4 c200s:レアニウム 製品ページ

シマノ レアニウムCI4100559_01.jpg100559_02.jpg

製品情報:
極めて高い実釣能力を備えながらも、コストパフォーマンスを追求する。

シマノが提案するスピニングリールのひとつの形です。軽量化、耐久性の向上、キャスタビリティーの向上、多くの人に使って頂ける価格…。すべての要素を妥協することなく追い求めた結果が、「レアニウムCI4」です。同じ価格帯のリールと比較してください。

「CI4」に代表される最新テクノロジーを注ぎ込んだ「レアニウムCI4」が、いかに機能と価格のバランスを打ち壊しているかを、お分かり頂けるでしょう。

幅広いステージに適応する1000Sから6000番までのフルラインナップ、「レアニウムCI4」はあなたのフィッシングスタイルを鮮やかに演出します。

ダイワのルビアスも悩んだのですが、レアニウムを選んだ理由として

1.自分自身がシマノ製品に慣れてしまっている。
2.より軽量。
3.実売価格が2万を切っている。
4.新しい物が好きな自分にとって、去年の発売。

やっぱり、価格と慣れで選んでしまいました。

でも、一つだけ後ろ髪を引かれる想いがあるんです!!
それがデザイン。
完全にデザインの好みはルビアスなんだよな~。

ppreluviaszp01.jpg

また釣果と関係ない事なのに、気になってしまう。
こっちのほうが所持してるとデザイン的にテンションが上がりそうなんだよな~。ハァ~~~~。

迷ってもしょうがない!!
今から楽天行ってレアニウムc2000sポチってきます。

ロッドにセットして、何回か使用しましたら製品インプレ致します。
スポンサーサイト
さてさて、本日はタックル選び~リール編Ⅰ~ということで。

今年はシマノからNew Stella(ステラ)も出るとの事なので、こちらを購入しようかと。。。
と夢のような話しをしてみたいのですが、最上機種買うお金もステラ使いこなす程の腕もありません。

ちなみに‘10 ステラはこんな感じの機種です。
New Stella(ステラ) c2000s

製品説明:Newステラ HP
スピニングリールの最先端を走り続けるステラが、フルモデルチェンジで新登場!
フラッグシップとしての伝統と気品を受け継ぎながら、革新的なギアシステム「X-SHIP」を搭載したNEWステラは、最高峰の名に恥じぬ存在感。
高い技術と独創的なアイデアにあふれる、シマノならではの独自技術を各所に採用。特定のターゲットに照準を合わせた4つのスペシャル仕様を含め、数多くのフィッシングシーンをカバーする全14のフルラインナップ。

ここで、‘07ステラのインプレを少し。
あくまで個人的な意見ですので、参考までに。(バイオマスターからステラに乗り換え)

まず、明らかに感じたのはドラグ性能の素晴らしさ。
魚が走り出し、バットがしなり始めここで出ろって瞬間にドラグが反応してくれます。
以前のバイオマスターは、バットが絞られてからワンテンポ遅れて、ジ~~ってドラグが反応って感じでした。
ドラグが反応してからも、わずかな反応で動き出し、そして止まる。
想像以上に滑らかで、この安心感は絶対的なものでした。
ドラグ調整もカチッ、カチッっと細かく調整できありがたい次第でした。

次に巻き心地。
病みつきになります。重くもなく軽すぎず。すごく適度で快適♪
耐久性については使用期間が短すぎたのでわかりませんが、ゴリゴリ感や、引っかかりとは無縁でしたね。

ライントラブルが非常に少ない。
貴重な釣りの時間をライントラブルで悩まされるのは本当に嫌になりますからね。
トラブルにならないように気を使って、数投したらラインの確認・キャストで未然に防げるかもしれませんが、ポイントに入って興奮してくるとついつい投げてしまうもの。
無用なライントラブルに陥らない。これもありがたいです。

飛距離の向上。
自分の良く行く渓流では川幅がさほど大きく無いので、利根川に入ったごく何か所のポイントで恩恵を感じました。
管釣りで試したところ、同じロッド・ライン・ルアーで投げると目視で3m位かな(実測値ではないです)、違いを確認できます。

辛かった点は替えスプールが高価な事。
最初から知っていたし、覚悟はしていたのですがやっぱり高い。
かといって予備は必要ですし。
やっとの想いで買った記憶があります。

始めての高級機ということで、比較する経験があまりにも無い為褒めちぎってしまいました。
すみません経験値不足で…。

すご~く、タイトルと違う話しになってしまったので元に戻さないといけないのですが、時間が無いので次回に持ち越しです。

本当に申し訳ありませんが、2010年タックル選び~リール編Ⅱ~を明日更新致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。