FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は6:00に起床。
前日早めに寝ていたのですっと起きられました。
天気予報は、昨夜の雨も上がり晴れの予報。気温も上がる見込み。

気合いを入れて利根管内に向けて車を走らせる。

本日の目的は、ルアーフィッシングをやり始めた頃、友達と良く行った川巡り。
といってもちょっと早く起きれたので、寄り道してポイント探し。

まず利根川、相変わらず水量少ないです。

SA3C0280.jpg  SA3C0279.jpg

赤谷川合流付近から見始めまして、湯檜曽川まで車を止めては川まで降りてを繰り返してみました。

でも、しみじみ感じたのが利根川分かりません。
完全に初心者です。
経験も少ないですし、知識も少ない。
今年はタックル準備して本気でやってみないとダメですね。

それから、四釜川見まして

SA3C0282.jpg

ゴミの多さに驚き!!

SA3C0283.jpg

一応、ガン玉などの釣り人が出したゴミを回収。

その後、発知川上流を見まして。

本日の目的地一発目【根利川】に到着。
しかし、のんびり昼食取ったり、所々竿出してきましたらこの時点で12時回ってました。。。

日付:2010/4/6
場所:根利川
気温:到着時17℃
時間:12:30~13:30

小松付近から入渓。

釣り始めましたが反応無し。まぁ、この時間ですから先行者さんもいて当然。
でも、ここまで反応無しってくらい反応無し。
そうこうしている時、良さそうな場所で先行者さんとご対面…。

餌釣りの高崎市の方だったんですが、とても紳士的な方です。
このブログも拝見してくれているみたいで、本当にありがとうございます。
またぜひお会いしたいですね。

ちょっとした釣り談義のあと、そのポイントは反応無しとの事なのでやって下さいと…。
横で見られながらの釣りは緊張ですよ

投げ始めてから数投は反応無し
少しずつポイントを変えキャストを繰り返すと、流芯の脇でヒット。

釣れて良かった~。
内心、本気で緊張してました!!

そして同じコースでもう一投。
またまた、ヒット
しかし、足元でバラシ。
でも、バラシの悲しさよりも、連続でヒットしてくれたから良かったです。

そのまま、お知り合いなったついでに一緒に退渓。

そして、本日の本当の目的地へ。

日付:2010/4/6
場所:ごめんなさい秘密です。
気温:到着時17℃
時間:15:00~16:30

場所は細い川なので、言えないのですが自分が初めて尺岩魚を釣った場所でもあります。

ただ、この場所問題が。。。
熊さんと落石です。

SA3C0292.jpg

ここぞのポイントでは必ず出ました。

SA3C0293.jpg  SA3C0295.jpg

本日の岩魚君たち。

SA3C0289.jpg  SA3C0291.jpg
SA3C0287.jpg  SA3C0286.jpg
SA3C0285.jpg  SA3C0284.jpg
SA3C0296.jpg  SA3C0290.jpg

釣ったお魚は全てリリースです。

1時間半でこれなら文句なし。
懐かしき渓に癒されながらも、今期始まって一番の釣果でした。

ただ落石が怖かった。ここは一人だと危険ですねホント…。

ロッド:スカジットデザインズ SP-520SSS
リール:シマノ レアニウムC2000S
ヒットルアー:スカジットデザインズ ダイビングビートル40・50mm ファットローチ50mm
         スミス D-コンタクト50mm ARスピナー3.5g
釣果:ヤマメ×1 岩魚×8
スポンサーサイト
昨日の続きです。

奥利根方面から春山さんの運転で片品方面に走ること一時間。
片品方面はほとんどポイントを知らない私に、春山さんがマル秘ポイントを教えてくれる。
片品川支流のとある沢、高さ3メートル位の小さな堰堤。
水も冷たく見るからに釣れそう。
春山さんと阿部さんの好意で一番にポイントに入らせてもらう。
堰堤下、木の根元に腰を落とし静かに一投目。
堰堤の右下ここぞという場所に着水。
必殺のダイビングビートルに想いを込める。
しかし出ない・・・。
今度は堰堤中央。
若干、オーバーハングが邪魔になる。
ロスト覚悟でキャスト。
ほぼ、まぐれで着水。
しかし出ない。
今度は堰堤左。
着水してルアーを引いてくる。
ルアーを目で確認したその瞬間。岩の間から黒い影が出てきてヒット!!
片品川支流・25センチ岩魚

いやー嬉しかったですほんと♪

小堰堤は一匹で終了し、この沢の少し下流に移動。二ヵ所の堰堤を周りましたが、残念ノーヒット。

そのまま片品川に移動です。
しかし、片品川に到着すると・・・。
利根川とは逆に渇水!!
水温もかなり高いもよう。
そしてポイントにはほとんど先行者。
状況的にかなり厳しい感じ。

それでも春山さんは、人の入ってなさそうなポイントをチョイスし案内してくれる。本当に感謝です。
いくつかポイントを周って大場所もチャレンジしますが、魚からの反応も無し・・・。
刻々と時間だけが過ぎていく。

みんなのテンションが下がり始めた所でやってくれました!!
阿部さんに久々のヒット!!
釣った魚を確認すると・・・アユ!!
イトウクラフトのアユ柄で本物のアユをGET!!
楽しませてくれます!!

しかし、それ以降は全員ノーヒットに終わりタイムアップ。

春山さんには一日運転もしてもらい、阿部さんには帰りにお土産を貰い、本当にみなさんありがとう御座います。
また機会がありましたらご一緒させて下さい。
禁漁まであとわずか。有終の美を飾れるよう頑張ります。


午前三時、ふと窓の外を見ると小雨が降っている。
体は自然と車に乗り込み、気が付けば渓流へ・・・。

日時:2007年8月18日 5:00~9:00
天候:小雨
気温:未測定
水温:未測定
釣行者:狩野
釣果:放流山女魚1 放流岩魚1

実家に行く用事がある為、なるべく実家(昭和村)に近い根利川を選択。
小雨が降る中、さっさと用意を済まして入渓。
根利川 根利集落付近根利川 根利集落付近2

小堰堤が続くこの場所は放流魚が主体です。
解禁すぐの時は比較的入渓しやすいこともあり、初心者の方にはお勧めです。

ポイントを釣り下りながらせめていきます。
魚の付きそうな場所に流しますが、思っている以上に魚影は薄い模様。
それでも放流の残りが少しは残っているだろうとキャストを繰り返すとヒット!!
放流山女魚

本日の一発目は放流山女魚です。
サイズは24センチ。実家に持って帰って久々に食べようかと今回は持ち帰りです。
その後は綺麗な岩魚が見たくて赤城沢に移動。
懐かしさ満点の中、堰堤下のポイントにキャスト。
一投目からヒット!!
しかし釣れたのは・・・。
放流岩魚

サイズは25センチ、しかしいかにも養殖の個体!!
何これ!?
放流!?
こんな場所に!?
もしかして上の養殖場の!?
色んな事が頭をめぐる・・・。
とりあえず今回は胃袋に入れてあげようとこれも持ち帰り。
この沢では綺麗な岩魚を見たかったのに・・・。

雨も強くなり、気持ちも少し萎えて今回は早めに終了。
釣った魚は家に持ち帰り塩焼きに。

今週末は高校の同級生が魚を釣ってみたいと言うことで、何処かに釣行予定。
感動して釣りを始めてくれるよう頑張ります。
※魚の写真は家に持って帰った後なので汚くてすみません。

本日のヒットルアー

イトウクラフト 山夷 50S アユ
2007.08.02 根利川釣行。
今回は片品川の支流根利川釣行です。
雑誌等で広く紹介され、常に釣り人がいる川です。

ヤマメを中心にした川ですが、この時期になるとスレた魚が多く釣れ易い川とは言えません。
上流域では何回かいい思いをした事がありますが、入渓が少し大変な為今回は下流で気軽にロッドを振ってきました。

日時:2007年8月2日 16:30~18:30
天候:晴れ
気温:28℃
水温:18℃
会員:渡邊・狩野
釣果:ヤマメ2匹 バラシ1
タックル:ロッド イトウクラフト510ULX リール ステラ2500 ラインバリバス 4LD

始めに温泉裏から入渓。
アシが川を覆っていますので藪こぎが辛いです。
片品川支流・根利川

アシの根元ギリギリにキャスト!!
ミスキャストの恐怖を、ヒットした時の感動で抑えて頑張ります。

しかし、やっちゃいました!!
水中でアシにルアーが引っ掛かりお気に入りの山夷をロスト・・・。

気を取り直してポイントを丁寧に探っていきますが無反応・・・。
ここは絶対居ると思われるポイントに、アシとほぼ同化してキャストしても無反応!!

どうして反応しないの・・・!?

一匹も釣れないまま温泉裏の一番良いポイントに到着。
温泉の後の堰堤。

ここでルアーをチェンジ、少し深さがあるのでスカジットのダイビングビートル 40Sで攻めます。

水の落ち込みにキャストして引いてくると真ん中でヒット。
大きさは18センチのチビヤマメ。
さすがにこのポイントではやる気のあるのが居ましたね。
写真を撮ろうと思いましたが、小さかったので直ぐにリリース。
大きくなったらまた会いましょう!!

その後も釣りあがって見ますが、あまりに反応が悪い為にポイント移動。

次に入ったのが根利川と園原ダムの合流点。
園原ダムより放水中。

放水の影響でダムからの水はかなり濁ってます。
根利川とダムの水がぶつかるポイントで少し粘りますが反応は無し。

時間も時間なので、このまま釣りあがって行く事に。
根利川合流付近

すると最後の最後でチビヤマメがヒット!!
これも可哀想なので直ぐにリリース。
頭の中で描くサイズはなかなか釣れませんね!!

今回の感想は【根利川の下流はきつい!?】です。
流れは良いのですが、思っている以上に魚影が薄い気が・・・。

こんな事言ってますが、腕が悪い事もかなり影響していると思われます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。